手が届きやすいです|将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

女の人

手が届きやすいです

集合住宅

代替先として考えよう

資産運用の手段として投資用マンションを持つ人が増えています。一方で、投資用マンションを購入するほどの資金がなく、興味がありながらも諦めてしまっている人もいます。毎月発生する家賃収入に魅力を感じて投資用マンションを保有したいと考えているのであれば、上場不動産投資信託もお勧めです。上場不動産投資信託はオフィスビルやファミリーマンション等の収益物件を、投資家に代わって取得、運用してくれる金融商品です。年に1回もしくは2回の分配金が支払われますが、複数銘柄保有すれば、毎月、分配金を受け取ることも可能となります。投資用マンションとの大きな違いの1つは投資金額の低さです。上場不動産投資信託は数万円から数十万円で投資できます。

じっくり投資できます

投資用マンションには、資金的に手が届かない人でも、気軽に投資をすることができる金額です。少しずつ買い増しをしていけば、じわじわと分配金も増えていきます。投資用マンションの頭金作りとして、上場不動産投資信託を活用することもお勧めです。上場不動産投資信託の購入方法はとてもシンプルです。まずは証券会社に口座を開設します。あとは気になる銘柄について発注をするだけです。実物不動産と異なり、唯一無二のものではないので、他の人にとられてしまうかもしれないという焦燥感もありません。買いたい価格になるまでじっくりと待っていることもできます。上場不動産投資信託は流動性も高いので、換金したい時も難なく売却することができます。