マンションの保全・管理|将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

女の人

マンションの保全・管理

マンション

保全・管理の必要性

マンションは、建築当初は外観も綺麗で、室内の什器なども新しく、購入した際には、人生で何度も無い大きな買い物だけに、それなりの達成感はあるかと思います。また、けっして安くは無い買い物ですので、資産としての価値もあります。しかし、このマンションも、経年劣化とともに、あちこちにほころびが生じてきます。特に外壁は年中風雨や、太陽の紫外線にさらされているので、汚れ、クラックが生じてきます。また、開放廊下の場合には、同様に汚れや敷物の剥がれ等の状態になります。内部の廊下やエントランスのガラスなども汚れてきます。このような経年劣化を少しでも防ぎ、資産価値を維持していくために。マンション管理が必要となります。

具体的な保全・管理の方法

マンション管理の具体的な方法としては、マンション管理会社と管理に関する委託契約を締結します。そして、日常の清掃、定期清掃、設備の保守管理等についての契約を交わし、契約の内容に則ってマンション管理を実施することとなります。契約の内容については、マンションの規模、築年数等により異なってきますが、通例は、管理人による日常清掃・巡回・点検及び、専門業者による定期的な点検等が実施されます。専門業者の点検とは、法で規定されている、エレベーター点検、消防設備点検等のほかに、自動ドアの点検、機会式駐車場があれば機械式駐車場の点検と多岐に及びます。マンション管理会社においては、これらの、日常的な保全と定期的な保全について年間計画を定めて、その計画に則って実施することとなります。