空室を回避する方法|将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

女の人

空室を回避する方法

男の人

保証人の代理を立てる

賃貸経営などを行うと問題になってくるのが空室の状況で、入居する人の割合が減ってくると家賃収入が大幅に減ってしまいます。少しでも改善するためには家賃を減らしたり、様々な対策を行う必要があるのですが、その中には家賃債務保証を行うことで改善できる可能性もあります。借主は物件を借りる際に保証人を立てる必要がありますが、近年では身寄りのないお年寄りや、事情によって保証人がいないような場合も少なくありません。家賃債務保証は専門の企業が代理で保証人を立てることで身寄りのない人でも条件をクリアすることができ、気に入った物件を借りることのできるシステムとなっています。これを利用することで、保証人が居なくて借りることのできなかった人を集めることができ、空室の問題をクリアすることが可能となります。

デメリットが減らせる

家賃債務保証は借主が保証会社に保証料を支払ったうえで、債務保証を委託する方法となっていて、これによって親族などの保証人が不要となります。貸主が予め保証会社と契約しておけば、保証人が用意できなかった借主でも、賃貸の敷居が低くなることで気軽に利用することができ、空室を作らずに入居者を集めることができます。心配になってくるのは家賃滞納の部分ですが、借主と保証会社で契約することで回避できます。万が一でも滞納があれば保証会社が家賃を立て替え払いして、後日に借主にその金額を回収するようになっています。つまり、家賃滞納に関しては貸主に何らデメリットがなく、家賃債務保証によって取り立てのためにわざわざ足を運ぶ必要もなく、貸主と直接的なやり取りをすることがなくなるので負担やデメリットを減らすことができるのです。