将来の為に行なう賃貸経営で失敗したくないなら家賃保証を活用する

マンション

空室を回避する方法

男の人

賃貸経営では空室を作ってしまうことで家賃収入が減ってしまい、オーナーにはデメリットばかりが発生してしまいます。少しでも改善する方法には、保証人の有無を考える必要がなくなる家賃債務保証というものがあり、保証会社と契約することで入居者の割合を増やすことができます。

もっと読む

マンションの保全・管理

マンション

マンションは経年劣化とともに、外壁の汚れ、階段・廊下の汚れ等が発生します。このような経年劣化の進行を防ぎ、マンションの美観の維持と試算価値の保持のために、マンション管理が必要となります。適正なマンション管理を実施していくことにより快適なマンションライフを過ごすことができます。

もっと読む

賃貸経営で成功するには

紳士

カラクリを理解しよう

賃貸経営をするために、大手ハウスメーカーに管理を依頼するとなりますと、家賃保証というものがあります。家賃保証は、管理会社に入居者の管理を委託する事で、空き室でも毎月家賃収入を得る事が出来るというメリットがあります。そのため、賃貸経営初心者の人でも、安心してマンションやアパートの経営をする事が出来ます。ですので、賃貸経営をした事が無いと言う人は、まずハウスメーカーにお願いをして賃貸経営のサポートをしてもらうのも良いでしょう。ですが、家賃保証は一見して安全なように思えて、実はデメリットもあります。それは、自分の好きな金額で家賃を決める事が出来ないという事です。敷金や礼金も決める事が出来ませんので、ある程度慣れてきた場合には、自分で経営をするのも良いでしょう。

自分の力でやってみる

家賃保証には実はからくりがあります。それは、ハウスメーカーも、入居が直ぐに決まりそうな安全な物件にしか家賃保証を付けてくれないという事です。ちょっと辺鄙な所で、なかなか入居者を集める事が出来なそうな物件は、ハウスメーカーも最初から家賃保証を付けてくれません。つまり、言い換えれば、ちゃんと経営の知識を身に着けて、自分で経営をする事が出来れば、十分にハウスメーカーの力を借りなくても入居者を募る事が出来るという事です。ハウスメーカーに管理を委託する場合には、まずは必ず契約書をチェックして、疑問点はしっかりとクリアにしなくてはいけません。契約をちゃんと読んでいない事で、自分にデメリットが振り返ってしまっては、せっかくの賃貸経営も勿体ないですよ。

手が届きやすいです

集合住宅

資産運用を考えているのであれば、投資用マンションの代わりとして上場不動産投資信託もお勧めです。数万円から数十万円といった少額で投資できるので、資金的に投資用マンションをあきらめていた人にも手が届く金融商品です。

もっと読む